BLAZING INFO DIVERSION

Golmont(Artist)

Discography

Disgusting Accumulated Stains Of Period(1st Mini Album)

Disgusting Accumulated Stains Of Period
  1. Blood Submantle
  2. No Glory Throne
  3. Stream Of Dispersed Souls

Total Length (12:52)

2017-春M3, スペース【コ-25b】で新譜として300円で頒布しました。



Exterminate: Dismaterializing(2nd Full Album)

Exterminate Dismaterializing
  1. Phenomenal
  2. Oddity
  3. Absolute
  4. Beyond Conquest
  5. Terrestrial
  6. The Space As One
  7. Sole Material
  8. Resonate
  9. All Mortal Beings
  10. God Of Eternity
Total Length (55:27)

2013-秋M3、スペース番号 【K-10b】にて新譜として1,500円で販売しました。

”目を啓け。この世の視えないものの存在を観じよ。”
前作1stアルバム「Matrix Of Atrocity」の発表から1年が経過した。 半年前の「Elementer I」による技術的・音楽的なステップを踏み、聴き手に迫るサウンドと培った音楽性の限界に挑む。 アルバム全編にわたり計算された展開と、聴き手をその世界に引きずり込むリフの連続。 全身でその構造美に打ち震えよ。


DOUJIN METAL vol.12で2013年アルバムランキングに8位入賞。

購入する(1,500円)…通販は終了したのでContactからご連絡下さい。



Elementer I (1st Mini Album:Free)

Elementer I

2013-春M3、ブロックは「M05b」にて無料頒布しました。
  1. Gods Of Deletion (3:09)
  2. Abominable Reflex (3:59)
  3. Amoebic (4:50)
  4. Frigid Earth (3:57)

Total Length (15:58)


大きく一歩を踏みだした職人は地平の彼方を見つめる。

1stアルバム「Matrix Of Atrocity」の発表から半年が経過した。 大きく進化したサウンドによって重量を増し、多彩にパターンを増やしたヴォーカルが 聴く者の耳を蹂躙する。 他のアーティストから貪欲に音楽性を消化し血肉とした、実験的ともいえる曲群は、 旅立つデスメタル・ワーカーにどのような「要素」を与えるのか?


本作は無料でダウンロードしてお聴きいただけます。
>>>ダウンロード(zip,19.5MB)<<<



Matrix Of Atrocity (1st Full Album)

Matrix Of Atrocity

2012-秋M3、ブロックは「い-16b」にて1,000円で頒布しました。
  1. Epic Which Shall Be Demolished (7:27)
  2. Evil's Realm (4:29)
  3. Supremacy Forgotten (5:50)
  4. Brain Invaded (4:23)
  5. The Day Of Wrath (4:34)
  6. Ⅲ(Selfjailed Ritual) (5:15)
  7. A Sequence To Impale (3:16)
  8. The Fortress/Solitude (7:23)

Total Length (42:39)


”重低音から放たれる激動の瞬間を見逃すな。”

デモアルバム「The Stagnant Purgatory」の発表から一年強・・・。 一辺のDTMerからデスメタル・ワーカーとなったGolmontがM3に一作を投じて挑む。 フロリダ勢のデスメタルを模倣しつつ、何重もの展開へと積み重なった楽曲群は 現代の音楽の直面する行き詰り、マンネリズムをも乗り越えるだろう・・・。

購入する(1,050円)




コンピレーション参加作品


極東武将音楽祭

極東武将音楽祭

#5:「猛進・悲願の果てに」提供(テーマ・龍造寺隆信


日本の武将をテーマの中心にしたコンピアルバム。一部三国志もあり。
Golmont得意のメロディックメタルを展開し、普段メロディックにする機会があまりないぶん有りっ丈をぶち込みました。
コンピレーションに提供した曲の中でも一押しです。


特設サイト





ITC SELECTION 04 「楽布 第一反」

ITC SELECTION 04 「楽布 第一反」

タオルDにて「Re-vibe」提供
※「モノヒール」提供曲と全く同じです

音楽を売るメディアは、そもそもCDである必要があったのか・・・? 2013-M3春の会場に三色の布がはためき、会場で話題になった異色作!

実用的で、お洒落で・・・それでいて曲情報を埋め込んでいるだと!?


特設サイト





ITC SELECTION 03 「モノヒール」

ITC SELECTION 03 「モノヒール」

「Re-vibe」提供  (テーマ・シュレッダー)

メンバーがそれぞれ「モノ」を想定し、それの抱える「ストレス」を音楽の力で癒す。 いうなれば変数付きテーマのコンピレーションです。非常に動的で、各メンバーの 息遣いに存分に触れられるアルバムに仕上がっています。 僕が参加した曲は・・・ジャンル不明、強いて言うならエレクトロニカ。


特設サイト





ITC SELECTION 02 「ロボコンピ」

ITC SELECTION 02 「ロボコンピ」

「Behind Our Rising Sun」提供 (テーマ・惑星の運命とロボット)

ヴォーカルはクリーン/デスを使い分けるメロディックメタルです。(若干メロデス?) 「ロボット」をテーマの中心に据え、各々のロボットにまつわる考えを発表し合い、 途中の曲を聴かせ合うことでお互いにそれぞれのテーマに向けて高めあうことに 成功したアルバムだと言えるでしょう。

壮大なオープニングトラックに始まり、ストーリー性を持って展開していきます。 感情を爆発させるもの、自分の存在意義を見出すもの、昔の世界に迷い込んだもの、 機械仕掛けの生命を謳歌するもの、所狭しと暴れまわるもの・・・。 また同人CDデビュー作品です。


特設サイト